認証フロー

DBJ環境格付融資 プロセス

通常の企業審査と並行して、環境スクリーニング(環境格付)を実施。

環境モニタリングによりご融資後の規律付けも実施。

DBJ環境格付融資 プロセス 図

評価フロー

  • ご依頼作業
  • DBJ内の作業
  1. ①事前質問票提出

  2. ②一次スクリーニング

  3. ③環境ヒアリング

  4. ④判定会議

  5. ⑤評価決定

  6. ⑥ご融資実行

  7. ⑦フィードバック

①事前質問票提出

お渡しする事前質問票に、総エネルギー投入量、温室効果ガス排出量等のパフォーマンス数値(直近3期分)をご記入後、DBJにご提出いただきます。

②一次スクリーニング

スクリーニングシートは、「環境に配慮した経営体制」「事業領域全般にわたる環境配慮」「主要な環境側面におけるパフォーマンスデータ」」の3分野、合計約120項目、250点満点となっています。ご提出いただいた事前質問票や公表資料を基にDBJでスクリーニングシートを記入いたします。

③環境ヒアリング

環境ヒアリングでは、取り組みの背景や事業特性を踏まえた、双方向の対話を重視しています。スクリーニングシートをもとに、企業の担当者の方と、DBJサステナビリティ企画部メンバーが、公表情報等の事前情報のみでは判断出来ない事柄の確認、特色ある取り組み等、スクリーニングシートの内容をひとつひとつ丁寧に確認していきます。スクリーニングシートに記載していない項目を新たに加点対象にする場合もあります。

④判定会議

判定会議は、評価担当者を含む複数のサステナビリティ企画部メンバーで、スクリーニングシートの内容を議論・精査したうえで、評価結果を判定します。

⑤評価決定 ⑥ご融資実行

判定会議終了後、所定の手続きを経て、ご融資実行のタイミングで認証を付与いたします。認証付与した後は、認定証と結果通知書をお渡しいたします。

認定証及び結果通知書(例)

認定証及び結果通知書(例)

ロゴマークのデータも提供しますので、IR資料や決算説明会用資料、CSRレポートなどの各種資料に掲載が可能になるほか、名刺等への使用も可能です。環境格付のお申し込みからご融資実行までは、2ヶ月程度を要します。

⑦フィードバック

ご融資実行後、ご希望の企業には環境格付評価の詳細につきまして、フィードバックいたします。
格付を取得している他社の得点率と項目別に比較し、評価ポイントや今後期待したい事項などをお伝えいたします。また、他社の優れたお取り組みや、環境やCSRに関する最新の動向などについての説明を通じて、今後の取り組みの高度化をサポートいたします。

フィードバック資料(例)

フィードバック資料(例)