DBJ BCM格付融資

災害レジリエンスの高い
日本社会をデザインします

コストからバリューへの価値転換 : 防災やBCP・BCM、危機管理の対策に投じられる組織の経営資源を、費用ではなく企業価値あるいは社会共有価値として捉えます。これまで評価が不十分であった企業の防災力と事業継続力の両側面について、企業価値への反映を目指します。

自助努力促進と情報流通基盤整備 : BCM格付を通じて、企業の創意工夫ある自助努力を金融面からご支援するとともに、格付というシグナルを通じて、社会の様々なステークホルダーに対して、その評価が共有される情報流通基盤を整備したいと考えています。

共助、縁助の実現 : 日本社会に適した危機管理の探求と実践を図るべく、産業ごと、地域ごとの共助や縁助の仕組みを創ります。

※レジリエンス(Resilience): 一般に回復力・復元力と解釈されますが、ここでは、自然災害をはじめとするあらゆる災害や危機時の環境変化に対する適応力と、これを契機に新しい均衡環境を創造する力の双方の概念を総合する言葉として用いています。

DBJ BCM格付融資は、企業の防災対策、事業継続対策、危機管理経営等を評点化し、これを融資条件に
反映させる世界で初めての融資メニューです。

良い企業が正当に
評価される社会を創りたい

DBJは、評価認証型融資を用いた対話を通じて、企業の取り組みをサポートしていくとともに、サステナビリティ経営に真摯に取り組む企業に光があたり、金融市場から正当に評価されるような流れを作り出せるよう努めていきたいと考えています。